• HOME
  • 概要
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • イベント情報
  • 大仁瑞泉郷について
  • 体験楽習
  • 四季の自然景色
  • 食
  • 園内施設紹介
  • リンク

イベント情報

大仁瑞泉郷「フラワーウィーク2019」

 
大仁瑞泉郷では、平成31年4月6日(土)から21日(日)まで、大仁瑞泉郷「フラワーウィーク2019」を開催いたします。

 

 

昨春は、ほとんどすべての花が、例年より10日ほど早く開花しました。今年も暖かい日が続いており、このままいけば平年より開花時期が早まることが予想されます。

 

期間中の4月14日(日)は「特別開催日」となります。

 

「心と体に優しいご褒美」と銘打って「ポップコーンマルシェ ~リフレッシュディ~」を開催します。各種リラクゼーション体験、米粉パンや焼き菓子、自然農法の農産物や自然食品、素材にこだわった手作りの雑貨など、様々な暮らしのアイテムが集まります。

 

当日は、古民家を会場として健康度測定と自然治癒力を高める健康法の体験コーナー(セットで500円)も設けられます。

 

また、4月7日(日)には、「ともえ桜」の下で楽しむ野点茶席を開席いたします。

 

さらに、フラワーウィーク期間中の土曜日、日曜日(4月6日、7日、13日、14日、20日、21日)及び木曜日(11日、18日)は「古民家オーガニックカフェ」をオープンします。(営業時間:午前10時~15時)

 

 

なお、大仁瑞泉郷内の芝桜は病虫害が発生し養生中のため、咲き揃っておりません。あらかじめご了承ください。

 

ともえ桜について

 
大仁瑞泉郷にあります株立桜(通称:ともえ桜)は、大島桜と山桜の自然交配種で、昭和20年代にこの地に入植しこの桜を植えた方の名前にちなんで名付けられました。

 

2012年春、桜の植樹や愛護、名木・巨木の保存活動を続けている「財団法人 日本さくらの会」の会員(樹木医)が、大仁瑞泉郷に来場し、樹周の計測を行ったところ、株立桜としては県内最大級の巨木であることが分かりました。

 

その際、株立ちのともえ桜の9本の幹全ての樹周を測りました。株立ちの場合、1本は樹周が2m以上ないと巨木の対象にはならないそうですが、「ともえ桜」は一番大きい幹が2m3cm、9本の合計は12m5cmで、「静岡県内最大級の巨木です」とのお墨付きをいただきました。

 

「ともえ桜」の開花状況はフェイスブックやブログで随時お知らせしております。

 

一般社団法人 MOA自然農法文化事業団フェイスブック

http://www.facebook.com/moaagri
 

フラワーウィークブログ

http://hanamatsuri.i-ra.jp/